ファスナータイプとフレームタイプ

スーツケースを買う時に、デザインや重さの他に

着目して欲しいのが、

ファスナーかフレームか。の選択です。

デザイン重視で選んで、自分には使い勝手が悪かった!!

なんて経験した方も多いんじゃないかな?と思います。

僕もスーツケース初心者の頃、デザイン買いをして

失敗した経験、ありますし。

 

そんな失敗をしないためにも

ファスナータイプとフレームタイプについて解説します。

★ファスナータイプ★

■メリット
・フレームに相当する部分が布のためフレームタイプよりも軽い
・フレームがない分、ボディ全体で衝撃を分散するので一部分のみ壊れることが少ない
・全開させなくても、ちょっと開けて荷物を出し入れできる
・拡張性のあるアジャスタータイプを選べば、さらに容量を増やすことができる

■デメリット
・ファスナー部分から水が染みこむ可能性がある(最近は防水対策が進んでる)
・安いスーツケースだとファスナーが壊れることある
・衝撃がスーツケースの中にも伝わるので荷物の安全性が低くなる
・(フレームに比べて、精密機械や割れ物などが衝撃を受けて壊れやすい)

 

★フレームタイプ★

■メリット
・頑丈なので空港で手荒に扱われても壊れにくい
・ボディの外枠を金属で囲っているので全体的に安定感がある
・中身の荷物がグチャグチャでも閉めてしまえばスッキリ
・雨などの水が中まで入りにくい
・カギの部分がしっかりとしているので壊されにくい

■デメリット
・金属フレーム(最近は軽量)を使っているので若干重くなる
・開閉するときには、寝かせて全開しなくてはいけない
・ちょっとしたモノを入れたり取りたいときに不便
・いったんフレームが歪むと開け閉めが困難になる

 

簡単にまとめるとこんな感じです。

自分にとって使い勝手の良いタイプを選んでくださいね!